豊胸手術で段差ができる原因と解決策を知る

豊胸手術をすることで、理想の大きさや形のバストを手に入れることができますが、すべての人が満足な結果を得ているわけではありません。美容整形にはメリットだけではなくリスクがあることも理解しておきましょう。豊胸では胸に段差が出ることもあるといわれています。

ここからは、段差ができる原因と解決策について書いていきます。

豊胸手術のリスクについても知っておこう

バストが小さいことや、形が良くないことで悩む人も多く存在します。マッサージやエクササイズなどの努力でも、ある程度の効果は期待できますが大幅にサイズアップさせることや、理想の形にするのは難しいものがあります。

できるだけ早く理想のバストを手に入れたい場合は美容整形が効果的です。美容整形ではシリコンバッグの挿入やヒアルロン酸注入、脂肪注入などでサイズアップを目指し形も整えていきます。かつては、見た目や感触が不自然になるともいわれていましたが、現在では技術もより進化し、本物の胸に近い見た目や感触に仕上げることも可能になりました。

豊胸手術には多くのメリットもありますが、美容医療にはリスクもあることは理解しておきましょう。豊胸治療のデメリットでは、手術の場合は傷が残ることやダウンタイムが長くなるなどがあげられます。さらに、しこりや石灰化がおこることもありますし、バッグも長年になると劣化が進み破損してしまうこともあります。

このほかでは、理想の形にならずに胸に段差ができてしまうこともあるといわれています。段差ができると、見た目も悪くなるだけではなく、感触が不自然になるなどの影響も出てきます。

400ccのシリコン豊胸の体験談

ヒアルロン酸注入によるリスクを知る

豊胸にも様々な種類がありますが、ヒアルロン酸注入を選ぶ人も増えています。ヒアルロン酸注入はリフトアップやアンチエイジング治療でも人気がありますし、ヒアルロン酸はもともと体内にある成分でもあるので、安全性も高いといわれています。

注入したヒアルロン酸は少しずつ体内に吸収されていくので、元の状態に戻せるという安心感もあります。豊胸でのヒアルロン酸注入は、本格的な手術も必要なく注射のみでサイズアップが可能です。関連情報:大阪豊胸

しかも注入直後に効果を実感できますし、ダウンタイムの心配もほとんどありません。

極細の注射針を使うので傷跡もほとんど目立たないことも人気の理由です。ヒアルロン酸注入もメリットの多い治療ですが、それでもリスクがあることは知っておきましょう。ヒアルロン酸は正しく吸収されれば体内に残ることはありませんが、うまく吸収されずにしこりになってしまうこともあります。

注入方法が間違っている場合は体内に吸収されずに大きな塊となって残ることもあります。その塊を覆う被膜が固くなることでしこりになり、段差ができてしまうこともあります。アンダーバストが二重になるなどの段差ができると、下着をつけるにも苦労することになります。

ヒアルロン酸による段差を解消するなら

ヒアルロン酸注入によるしこりや段差を解消するなら、まずは医療機関に相談してみましょう。しこりはヒアルロン酸とは限らず、乳がんや乳腺の腫瘍である可能性もあるので、検査で判断をします。しこりや段差がヒアルロン酸によるものであると発覚したら、それを改善するための治療を行います。

ヒアルロン酸は体に吸収されるのを待つしかないのかと考える人もいるかもしれませんが、ヒアルロン酸を溶かす薬剤も存在します。しこりになったヒアルロン酸を除去するには、まずはそれを溶かすための薬剤を注入し溶けたものを吸引する必要があるのです。

段差の原因になっているヒアルロン酸を取り除けば、段差を解消することが期待できます。ヒアルロン酸を除去すると、バストもサイズダウンすることは理解しておきましょう。バストの大きさやきれいな形をキープしたい場合は、除去後に新たに豊胸治療をすることになります。

シリコンバッグのメリットとリスク

豊胸治療をする目的は人それぞれ違いがありますが、大幅にサイズアップをしたい人や長期間効果を持続したい人にはシリコンバッグの挿入が向いています。この治療は本格的な手術になるので、傷跡が心配という人もいます。

シリコンは、バストからではなく脇からも挿入することができるので、そうした方法ならバストに目立つ傷が残る心配もありません。感触が不自然ではないのか、見た目でバレてしまうのではないかという心配をする人もいますが、今では見た目も感触もより自然なバッグも登場しています。

選ぶバッグや治療方法によっても仕上がりが変わることは理解しておきましょう。シリコンバッグの挿入でのデメリットは、ダウンタイムが長くなることや手術後のケアを丁寧に行う必要があることなどがあげられます。バッグは長期間維持できますが、永久に使えるわけではなく劣化や破損が進むと除去する必要も出てきます。

それから、シリコンバッグ挿入の場合でもダブルバブルと呼ばれる段差ができることもあります。これはシリコンバッグの縁が段差になる症状です。段差ができることで痛みを伴うこともあるといわれています。

ダブルバブルを解消する方法

シリコンバッグ挿入によるダブルバブルは挿入時のミスで発生する場合と加齢により発生するケースもあるとされています。いずれの場合も放置していると、修正が難しくなることもあるので早めに医療機関に相談しましょう。

シリコンバッグ挿入によるダブルバブルを解消する治療では、原因となるシリコンバッグを取り除くことが挙げられます。シリコンバッグを取り除けばそれで安心というわけではありません。バッグを挿入することで、皮膚や周辺組織も伸びているので、そのままでは、サイズダウンだけではなくバストが下がってしまう可能性もあります。

バッグを取り除いたあとも、豊かなバストをキープしたいのであれば新たにバッグを入れ直すこともできます。シリコンバッグを再び入れることに抵抗がある場合は、脂肪注入法やヒアルロン酸注入などより体に負担の少ない方法でサイズアップすることも可能です。

いずれの場合も、満足な結果を得るためには技術力も高く信頼性の高い医療機関を選ぶことも大事です。治療後のアフターケアや保証がしっかりとしているかどうかも確かめておきましょう。他院で治療をする場合は、修正治療に強いクリニックであるかどうかも確認しておきたいところです。

豊胸治療の費用を抑えるならキャンペーンを活用しよう

治療でトラブルが発生したら

豊胸治療は根強い人気がありますが、すべての人が満足な結果を得ているわけではありません。治療後に胸に段差ができる人もいます。段差ができると、見た目が悪いだけではなく感触が悪くなる、痛みが伴うなどのトラブルになることもあります。

段差ができた場合も修正はできるので、早めに医療機関に相談するようにしましょう。長期に放置していると改善が難しくなる場合もあるので、早めに治療を進めていきたいものです。