自分に合うベストな豊胸治療を選ぼう

バストの悩みを解消する方法では、豊胸治療は特に高い効果を発揮してくれます。豊胸治療にも色々な方法がありますが、選ぶ治療によっても値段や仕上がりの良さには差が出てきます。どの治療がベストなのかは、人によっても違いがあります。

現在選ばれている豊胸にはどんな方法があるのか、どのような仕上がりになるのかなどを比較しながら、自分に合う治療を見つけていきたいものです。

豊胸手術で段差ができる原因と解決策を知る

体への負担を抑えるなら

豊かできれいな形のバストは多くの女性の憧れです。バストの大きさや形には個人差もありますし、加齢の影響で下垂する、授乳の影響でしぼむなど形や大きさも変わりやすい部位といえます。それゆえに、バストに悩みやコンプレックスを持つ人も少なくありません。

マッサージなどの自己流の努力だけでバストの形を変える、大幅にサイズアップをすることは厳しいものもあります。できるだけ早く理想のバストを得るなら、豊胸治療をすることも考えてみましょう。豊胸治療は長期に効果を維持できるというメリットもありますが、治療では体への負担もあります。

できることなら、ダウンタイムも短く体への負担も少ない治療を選びたいと考えている人もいるのではないでしょうか。最近は、メスを使わずに高い美容効果を得られるプチ整形の人気が高まっています。バストアップにもプチ整形が用意されていますので、体に優しい治療を選びたい人はそうした方法に目を向けてみましょう。

ヒアルロン酸注入によるバストアップ

豊胸手術をしたことは、できれば人に知られたくないという人も多いのではないでしょうか。豊胸治療をしたことがわかる要素では、傷跡が目立つということがあげられます。メスを使う手術の場合もできるだけ傷が残らないよう配慮していますが、人によっては長く傷跡が残る可能性もあります。

その点、ヒアルロン酸注入なら注射のみで治療ができるので、切開の跡が目立つ心配もありません。ヒアルロン酸は、体内にもともとある成分ということもあり、安全性にも優れています。治療時間も短く、ダウンタイムが短いこともメリットです。

体に負担の少ない豊胸を選ぶなら、ヒアルロン酸注入はベストな治療といえます。その場でサイズアップが実感できるのもこの治療の良いところです。また、一回の施術料金も安いので、治療費を安く抑えたい人にも向いています。

とはいえ、効果は一時的なものなので、繰り返し施術をすると、トータルでは費用も高くなるので注意が必要です。その他のデメリットとしては、この方法では大幅なサイズアップは難しいということが挙げられます。さらに、ヒアルロン酸は柔らかいというイメージもありますが、バスト用のヒアルロン酸は粒子も大きいので、手触りが固くなる可能性もあります。

シリコンバッグ挿入によるバストアップ

古くから選ばれている豊胸治療では、シリコンバッグの挿入があげられます。この方法は、本格的な手術になるので、体への負担が大きいことやダウンタイムが長くなることなどは理解しておく必要があります。そのかわり、大幅なサイズアップが可能な治療なので、理想の大きさや形を得たい人にはベストといえます。

プチ整形では、何度も治療を繰り返すことになりますが、シリコンバッグは一度挿入しておくと長期に効果を維持してくれるので、コストパフォーマンスも悪くない方法です。以前は見た目が不自然である、感触が固いなどの問題もありましたが、最近ではより見た目も感触も自然な治療が登場しています。

シリコンバッグを挿入する豊胸も根強い人気がありますが、傷跡が残ることは理解しておきましょう。切開は、わきの下など傷が目立たない部位を選びますが、それでも傷が目立たなくなるまでにはそれなりの期間も必要です。

バッグが動かないことで豊胸をしたことが他人にわかる可能性もありますし、カプセル拘縮や石灰化のリスクがあることも知っておきたいところです。

脂肪注入法によるバストアップ

バストアップ治療では、胸に異物を挿入することも多くなっていますが、異物を入れることで拒絶反応が起こる可能性もあります。それに、長期間に異物を体内に入れることに不安を感じる人もいるのではないでしょうか。異物を入れることを避けたい人には脂肪注入法がベストといえます。

これは、自分の脂肪を使いバストアップを目指すので拒絶反応の心配もありません。バストに入れる脂肪を得るためには、ヒップや太ももなどの脂肪が多い部分から脂肪吸引をする必要もあります。それゆえ、気になる部分の痩身もできるので、メリハリのあるきれいなスタイルになることも期待できます。

脂肪吸引をする部位は少し切開もしますがバストには注射で注入するので、胸に目立つ傷が残らないこともメリットです。脂肪注入法は柔らかい仕上がりになるので、自然な仕上がりを得たい人にもベストな方法といえます。

デメリットには、やせ型の人では十分な脂肪が得られず希望の大きさにならない可能性があることがあげられます。それから注入した脂肪はすべて定着するのではないので、多少のサイズダウンがあることも理解しておきましょう。

一か所に多くの脂肪を注入した場合や、不純物を十分に取り除かずに注入した場合はしこりになる場合があることも知っておきましょう。

質の高い治療を選ぼう

選ぶ治療方法によっても、仕上がりは大きく変わってきます。豊胸治療をする目的では、その名前の通り豊かなバストを得ることがあげられます。とはいえ、ただサイズアップしただけでは良い仕上がりとはいえません。サイズアップするだけではなく、見た目や感触が自然なものであること、安全に治療が行われるということも大事です。

現在提供されている豊胸手術は、ヒアルロン酸注入と脂肪注入法、さらにシリコンバッグの挿入がありますがいずれの治療も安いものから、高額なものまで幅広く用意されています。ただ安く治療をしたいならスタンダードな治療を選ぶことになりますが、仕上がりの良さや安全性を重視するなら、やや高額な費用になっても最新の治療方法を選びたいところです。

そして、良い仕上がりを得るためには、経験が豊富で技術力も優れた医師が在籍する医療機関を選ぶことも大事です。どのクリニックを選ぶかでも仕上がりは大きく変わりますので、評判も良く調べて慎重に選びましょう。

目的に応じた治療を選ぼう

現在行われている豊胸治療は、大きく分けてヒアルロン酸注入と脂肪注入法、シリコンバッグ挿入の3種類があげられます。それぞれメリットもあればデメリットもあるので、それぞれの特徴を理解しておきたいところです。

治療をする目的によっても、ベストな方法は変わってきます。選び方で悩んだときは、どんな目的で豊胸をするのかをもう一度考えてみましょう。

400ccのシリコン豊胸の体験談