健康診断のレントゲン検査も問題なく受けられる豊胸とは

学生の頃から貧乳が悩みでした。胸の大きさは関係ないと言う男性も多いですが、やはり私にとっては大きなコンプレックスで性格もどんどん暗くなっていったように思います、もちろんサプリやマッサージなど色々な方法で胸を大きくしようと試みましたが、全く変化が見られません。

そこで思い切ってプロによる施術を受けてみようと決めました。

施術方法で悩む

どの方法で胸を大きくしようかと考えた時、一番最初に頭に浮かんだのがシリコンバッグです。知り合いにもシリコンバッグ豊胸術を受けた人がいたのですが、思わず二度見するほど胸が大きくなっていました。せっかく受けるなら2カップぐらい一気にサイズアップしたいとも思ったのですが、その反面、急に胸のサイズが変わるのは不自然になるのでは?という懸念もありました。

特に職場の同僚や上司が、私の突然の変化をどう受け取るか心配です。いざ豊胸手術が現実味を帯びると、果たして豊胸するべきだろうか、しない方が良いのだろうかと迷うほど頭が混乱してしまいました。

豊胸手術で段差ができる原因と解決策を知る

脂肪注入豊胸に魅力を感じた理由

シリコンバッグでの豊胸は私にとってデメリットとなる部分が多いと思い、結局諦めました。そして最もベストな方法は脂肪注入という結論に至りました。魅力を感じた部分は、まずお腹や太ももなどについた無駄な脂肪が吸引されるので、痩身効果も得られるという特徴です。

私は下半身にボリュームがある見事な洋ナシ体型で、部分痩せが出来ずに苦労していました。もちろん豊胸がメインなので、脚痩せは二の次ではありますが、要らない脂肪を必要としている部分に注入していく方法は合理的です。

2つのコンプレックスを同時に解消できるので、一石二鳥だとも思いました。また元々自分の体の中にあった脂肪を注入していくので、自然な仕上がりになるのもメリットです。健康診断でのレントゲン検査や乳がん検査も問題なく受けられます。

少し値段が高い印象は受けましたが、長期間効果が持続するので、長い目で見ると一番リーズナブルな豊胸術のようにも感じました。

自分に合うベストな豊胸治療を選ぼう

クリニック選びは慎重に

クリニック選びは色々と迷いました。金銭的にあまり余裕がないので、少しでも安い料金で施術を受けたいところでしたが、値段が安いクリニックには何か裏があると思います。実は後で高額請求される、医師の技術がなく医療ミスが起こるといったトラブルは絶対に避けたいため、ネットでの口コミや評価を参考にして、気になるクリニックをいくつかピックアップしていきました。

最終的に決めたのは、口コミ件数が多く地元で一番評価の高かったクリニックです。最初にカウンセリングのためにクリニックへ行った時は、予約したにも関わらず、かなりの待ち時間がありました。なかなか名前を読んで貰えない事にヤキモキしましたが、それだけ人気がある所なのだと思うと、安心感を覚えました。

そしてカウンセリングでは、ドクターから手術の流れや脂肪注入法のメリットデメリットなどの説明を受け、脂肪を注入した後にどう変わるかといったシミュレーション画像も見せて貰いました。とても自然なサイズアップで、1ヶ月後の手術日が待ち遠しくて仕方なかったです。

全身麻酔をして手術を受ける

脂肪をお腹と太ももから吸引するため、手術は全身麻酔を受けて行うことになりました。手術当日だけでなく、前日の21時から絶食です。しっかり睡眠を取って下さいねと言われていましたが、胸の高鳴りを抑えられず、なかなか寝付けませんでした。

そして手術当日、麻酔をかけた後のことは正直、何も覚えていません。目が覚めた時は既に全てが終わっていました。目覚めた直後は全く痛みも感じなかったのですが、麻酔が切れ始めた頃から、筋肉痛のようなズキズキとした痛みが出てきました。

脂肪を注入した胸より、吸引したお腹や太ももの方が痛みは強かったです。ただ頭痛や気持ち悪さなどは無く、無事に手術が終わって安堵しました。しばらく安静にした方が良いと聞き、あらかじめ仕事は3日間の有給を取っていたのですが、しっかり体を休ませることが出来て良かったです。

術後3ヶ月で満足できる仕上がりに

手術から3日経つと、出勤して普通に仕事が出来るようになりました。ただし患部は内出血と腫れが生じており、普段より不自然な動きだったように思います。ちなみにダウンタイムは1ヶ月ほど続きました。肝心の脂肪注入の効果ですが、触った感じは当然ながら本来の胸の感触と全く同じです。

注入した脂肪が全て定着する訳ではないので、残念ながら2サイズアップとまではなりませんでしたが、それでも1.3サイズぐらいのバストアップには成功しました。また脂肪吸引したお腹と太ももに関しては、しばらく皮膚の表面が硬くこわばっているような感覚が続きました。

完全に違和感が消えるまでは少し時間を要しましたが、徐々に引き締まっていき、3か月後には両太ももの間に隙間が出来ていました。胸はもちろん、下半身太りのコンプレックスも解消できて大満足です。

レントゲン検査も無事にクリア

シリコンバッグほどわかりやすい豊胸手術ではありませんでしたが、脂肪注入でも十分に胸は大きくなりました。自分では「大きくなった」と実感出来ますが、周りの人は気付いていないようで、丁度良い仕上がりになったと思います。

日常生活は難なく送れていましたが、密かに心配していたのは、健康診断を受ける時にレントゲンで何か映り込んだりしないかという点です。

脂肪注入も脂肪がきちんと定着しなければしこりが生じると説明を受けており、もし注入した脂肪がしこりとなっていれば、検査で異常が見られると診断されるかもしれません。レントゲン検査の結果を聞く瞬間までは内心ドキドキでしたが、結局何も写っておらず異常無しと言って貰えました。

他のクリニックに比べると少し割高ではありましたが、術後に何のトラブルもなく過ごせているのは、やはり実績豊富で腕の良いドクターに手術をお願したからだと思ってます。

400ccのシリコン豊胸の体験談

豊胸手術後は人生が激変

豊胸手術を受けた後は、少し大袈裟ですが自分の人生が激変しました。長年抱えていたコンプレックスが解消できた事で性格が明るくなり、何でも前向きに考えられるようになったのです。男性に対しても待っているだけではなく、積極的に出会いの場へ行くようになりました。

その努力が報われたのか、人生初の彼氏もできて毎日楽しく過ごせています。