美容クリニックでピュアグラフトという豊胸手術を受けた体験談

つい先日、美容クリニックで豊胸手術を受けてきました。一口に豊胸手術といってもヒアルロン酸注入など色々な種類がありますが、ピュアグラフトを選択しました。想像以上に胸が大きくなって大変満足しました。そこで、ここでは豊胸に興味を持っている方のためにピュアグラフトを受けた体験談について詳しく紹介していきます。

豊胸手術で段差ができる原因と解決策を知る

豊胸手術を受けようと思った理由

高校生くらいの頃から、周囲の友人と比べて胸が小さくてコンプレックスに感じていました。BカップやCカップの友人が多い中、自分だけがAカップであることに引け目を感じていたのです。そのため、体育の授業で体操服に着替える際には、なるべく胸を周囲に見られないように隠していました。

実は、バストのサイズを少しでも大きくするために、自分なりに努力もしてきました。

例えば、バストのマッサージをしたり、胸が大きくなるサプリを飲んだりなどです。しかし、努力をしたにもかかわらず、全くと言っていいほどに効果を感じることがありませんでした。それで、バストの小ささは遺伝なので諦めるしかないと思うようになりました。

そんな時に知ったのが、美容クリニックの豊胸手術です。クリニックのホームページには、豊胸手術に成功した方の症例が紹介されていました。これならば大きなバストを手に入れられるのではと思い、まずは美容クリニックのカウンセリングに行くことにしたのです。

ピュアグラフトを選んだ理由

カウンセリングでは、いくつかある豊胸手術について丁寧に説明してくれました。その中でもピュアグラフトを選んだ最大の理由は、脂肪吸引を受けられることです。先生いわく、ピュアグラフトとは太ももやお腹から吸引した脂肪をバストに注入する施術だということです。

つまり、バストアップと同時に気になる箇所の痩身もできるので、一石二鳥だと感じました。また、従来の脂肪注入よりもバストへの生着率が格段に高いことも魅力に感じました。脂肪注入となると、バストにきちんと生着してくれるのか不安に感じるものですよね。

ただピュアグラフトでは採取した脂肪を特殊なフィルターに通して余分な血液、不活化細胞を取り除いていくので、純度の高い脂肪を精製できるそうです。したがって、生着率が上がるとともに石灰化のリスクも大幅に減らせると言われました。

これならば再手術の心配をする必要がなく、安心して施術を任せられそうです。カウンセリングでは、その他にも医師からピュアグラフトに関してメリットを聞きました。例えば、自身の脂肪を注入するため、異物を身体に入れる際に起こる拒絶反応は全くないそうです。

また、手触りも自然に近く、他人に施術を受けたことが露呈する恐れがないということです。さらに、吸引した脂肪を注射針でバストに注入していくため、胸に傷跡が残りにくく目立つことがないと言われました。このように色々な利点があるので、最終的にピュアグラフトを受けることに決めました。

ピュアグラフトの施術の手順

施術の手順については、まず服を脱いで紙パンツ一枚になるように指示されました。その後、オペ室に案内され、脂肪を採取する際の目印を太もも周辺に書かれました。そして、ついに手術台にのって硬膜外麻酔というものが始まります。

硬膜外麻酔は強い痛みを感じるのではとすごく不安に感じていました。しかし、その前に局所麻酔をしてくれたおかげで、硬膜外麻酔は想像以上に痛みを感じることがなかったです。ただ腰に液体が入っていく感覚がしただけだったので、ほっとしました。

麻酔が効いた後、太ももをメスで少しカットしてから脂肪を吸引していきます。太ももに器具のようなものが入れられ、どんどん吸引されていくのが分かりました。脂肪を取り終わった後、今度はバストに注入していく施術となります。

バストに注入する際には笑気ガスが施されたので、あまり記憶がありません。自分が眠っているうちに施術は全て終わっていました。施術の不安をそれほど感じる間もなく終わったので、満足しています。施術の間は、看護師の方が何をしているのか丁寧に説明をしてくれて安心感がありました。

おかげで、心地よく施術を受けることができました。

施術後のダウンタイム

ピュアグラフトを受けた後、脂肪を吸入した太ももを強く圧迫しなければいけないと言われました。きちんと圧迫しないと、腫れやむくみが強く出てしまうとのことです。そのため、ストッキングをはいた上から包帯をぐるぐると巻いてもらいました。

そして、その上からきついサイズのガードルを着用して、しっかりと太ももを締め付けていきます。

看護師いわく、施術から少なくとも3日間は圧迫しなければいけないということです。また、鏡でバストの状態をチェックしてみると、胸全体に内出血が出ていて驚きです。看護師によれば、内出血は2週間から一ヶ月くらいで確実に消えていくとのことで安心しました。

バストは施術を受けた後は腫れも目立っていましたが、術後3か月ほどで安定していきました。脂肪もきちんと生着してきれいな状態になり、大満足です。

ピュアグラフトを受けた感想

ピュアクラフトを美容クリニックで受けてみて、想像していた以上に胸が大きくなって嬉しかったです。自身の脂肪を入れているのでバストは自然で柔らかく、施術を受けたことがバレる心配はなさそうです。また、脂肪を吸引した太もものデコボコもなくなり、安心しました。

施術を受ける前は、バストの見た目が不自然にならないか、左右の形が違わないかなどすごく心配していました。しかし、いざ施術を受けてみると、全く問題がなかったので良かったです。こんなにきれいなバストが手に入るならば、もっと早くやっていたらと思わざるを得ません。

おかげで、バストの劣等感から解放されて、自分に自信が持てるようになりました。自分と同じようにバストで悩んでいる方がいれば、まずは美容クリニックでカウンセリングを受けてみることをおすすめしたいです。

ピュアグラフトをクリニックで受けたまとめ

ピュアグラフトは、自身の脂肪をバストに入れるので見た目も触り心地も違和感がないのが特徴的ですよ。実際、施術を受けてみて、その効果を実感しています。また、注射器で脂肪を注入していくので、バストに傷が残らないのも嬉しい点です。

バストにコンプレックスを感じている方は、上記の体験談を参考にしてみるといいでしょう。